薬剤師の就職・転職先は、医療機関だけに限りません。一般企業でも働くことができます。

割合的には医療機関で働く人のほうが多いのですが、企業という選択肢を選ぶ薬剤師も決して少なくはありません。そんな企業薬剤師についてまとめました。

薬剤師が活躍できる企業の業種一覧

製薬会社

医療機器メーカー

化粧品メーカー

食品メーカー

化学メーカー

物流センター

コールセンター

医薬品卸

薬剤師が働く企業の職種一覧

MR

製薬会社にて、営業活動を行う仕事です。これは薬剤師以外が就くこともある仕事ですが、薬剤師がこの仕事に就くとより専門的な角度から薬の情報提供・営業活動を行うことができるため、薬剤師の需要が高い仕事です。

CRA(臨床開発モニター)

CRAとは、臨床試験がGCP(医薬品の臨床試験を実施する際に定められている基準)に従って行われているかどうかを確認する仕事のことです。

臨床試験を行う医療機関を選び出し、その医療機関との契約手続きをすること、臨床試験をモニタリングし、その進捗状況を資料としておこし、臨床試験に関わるさまざまな文書や治験薬の管理といった役割を担います。

CRC(治験コーディネーター)

CRCというのは、治験を行う企業及び施設内にて、治験がスムーズに行われるようにサポートする仕事のことです。

施設内で薬剤師が行う仕事は、患者さんに治験の内容について説明したり、患者さんの不安をやわらげるための相談役になったり、新薬に関する情報を提供したりすることです。薬の専門家としての知識を持って、深いところまでわかりやすく説明しすることが仕事です。

臨床開発(QA、QC、DM)

学術

DI

製薬会社にて、医薬品情報を収集・分類・管理をする仕事です。製薬会社の部署のうちのひとつのような位置づけ。医薬品の開発過程から関わり、それに関係している情報を集め、必要としている人へ提供するのが主な仕事。

メディカルライター

企業への転職、仕事選びの基準あれこれ

仕事選びの基準となるような例を簡単に解説します。

年収だけで選ぶなら営業職

企業薬剤師の年収で、平均的に最も高い年収を得ることができるのは、営業職。MRの初任給というのは企業勤務にしてはとても高く、30万円以上になることもあり、調剤薬局での初任給にも匹敵します。昇給もあり、実力次第では年収800万円以上も可能です。

ただ、薬剤師がMRとして成功するのは困難を極めます。MRは薬学部出身の人たち=薬剤師だけが従事する仕事ではなく、いろいろな学部出身の人がいますし、経営や経済を学んだ人も大勢います。そういった人は営業の心得などを大学で学んでいることもあるため、やはり有利です。

薬剤師がMRで生きていくためには、薬剤師ならではの営業方法を見出すことが求められそうですね。

自分の時間を持ちたい

製薬会社に就職するなら、残業は当たり前です。時間外勤務なんていうのは日常茶飯事で、休日出勤も結構あります。自分の時間を持つことは絶望的ですが、比較的自分の時間を多く持てる仕事があるとすれば、それは治験コーディネーターでしょう。

モニターだと、モニタリングが長く続くこともありますし、営業職も時間外勤務が多いですが、治験コーディネーターは患者さんと関わる仕事なので、比較的時間外勤務が少なくなっています。自分の時間を持ちたいという基準で選ぶのであれば、治験コーディネーターが良さそうですね。